宅配クリーニング

比較一覧付き!保管付き宅配クリーニングおすすめ3選

保管クリーニング 比較

クリーニングに出した衣類や布団を引き取った後、収納スペースに困った経験がありませんか。

そんな時は、保管付き宅配クリーニングがおすすめです。

収納スペースを有効に使えるだけでなく、長期衣類を保管することで出る臭いや虫食いなどの心配もありません。

今回は、たくさんある保管付き宅配クリーニングの中からおすすめの3選を紹介します。

保管付き宅配クリーニングを利用する2つのメリット

保管付き宅配クリーニングは、クリーニングに出した衣類や布団をそのまま一定期間預かってもらえるサービスです。

店舗型クリーニングでも衣類や布団を保管してくれるサービスはありますが、持ち込みと引き取りは自分でおこなう必要があります。

その点、保管付き宅配クリーニングは業者が回収も配達もしてくれるので、自宅から出ることなくクリーニングが完結するのです。

他にも保管付き宅配クリーニングをおすすめする点があるので解説します。

メリット1. 収納スペースを節約できる

保管付き宅配クリーニングを使うと収納スペースが節約できます。

特に冬物の衣類や寝具類はかさばりがちです。

コートやダウンなど、冬物の衣類は数枚クローゼットに吊るしたらパンパンになることも珍しくないため、こうした衣類や寝具類を預かってもらうだけでスペースが空き、その分他の物を収納でき有効活用することができます。

保管サービスは少なくても6カ月程度預けられるため、冬服や冬物寝具は5月頃にクリーニングに出して11月頃に届けてもらうと良いでしょう。

カビや臭いを防ぐためにも、遅くとも梅雨までにクリーニングに出して保管してもらうことをおすすめします。

メリット2. ダニ・カビ・衣類の変色を防げる

保管付き宅配クリーニングでは専用の倉庫で保管されるため、自宅保管で失敗しがちなダニやカビの付着、衣類の変色を防ぐことができます。

自宅のクローゼットや押し入れで衣類や布団を保管した場合、温度や湿度の管理ができないためカビやダニを発生させてしまう原因になるのです。

空気の流れも悪いクローゼットや押し入れは湿度も高く、梅雨の時期や雨の時は75%以上の湿度になりカビが生えてくるスピードが一気にあがります。

ダニも同じように20~30℃の暖かい温度と70%以上の湿度、皮膚や皮脂、垢やフケなどの豊富な栄養で繁殖します。

キレイにクリーニングした洋服でも、クリーニングされていない別の衣服や布団と一緒に保管してしまうとダニを繁殖させる原因になるのです。

クリーニング後にきちんとクローゼットに入れておけば大丈夫と思われがちですが、蛍光灯の光でも少量の紫外線を出しているため完全に紫外線をカットすることは難しく、変色の原因になります。

保管サービスでは、自宅では管理が難しい温度や湿度、光の調整までをした場所で衣類や布団を保管してくれるのです。

保管付き宅配クリーニングの選び方

保管付きのクリーニングを選ぶポイントは主に3つあります。

  • 一回の注文で何点まで預けることができるか
  • 保管前にクリーニングを行ってくれるかどうか
  • 保管期間が長く、返却時期の調整できるか

以下でそれぞれを具体的に解説していきます。

1.一回の注文で何点まで預けることができるか

保管サービスを利用する前に、一回の注文で何点まで預けることができるのか事前に確認しておくことが大切です。

宅配クリーニングの保管サービスは、衣類1点から預かってくれる店もあれば、5点~10点パックで預かるお店、収納袋に入るだけ何点入れてもOKのお店もあり様々です。

パックの場合、枚数が多くなれば1枚あたりの料金も安くなる傾向にあるものの、集荷キットに入る分だけという前提条件があります。

コートやダウンなど、大きな衣類を入れてしまうと5点パックであっても3点しか入らないこともあるのです。

そのため、事前に集荷キットの大きさを確認しておくことが大切です。

2.保管前にクリーニングを行ってくれるかどうか

保管前にクリーニングをおこなってくれるかどうかも確認しておくのが良いでしょう。

保管付き宅配クリーニングには、「保管前クリーニング」と「保管後クリーニング」があります。

衣類の汚れやシミは時間が経つと落ちにくくなるだけではなく、目に見えないシミや汚れもあり、そのまま洗わず保管をすると茶色や黄色のシミへと変化します。

特にウールやシルクなどの天然素材のものは、先にクリーニングしなければシミが餌になりカビが発生しやすくなるので要注意です。

衣類の汚れはできるだけ早く落とすのが良いので、保管前クリーニングをしてくれるお店がおすすめです。

3.保管期間が長く、返却時期の調整できるか

保管期間はクリーニング店によっても異なるため、保管期間は最大どれくらいか、返却時期の調整ができるかどうかも事前に調べておきましょう。

中には返却時期が調整できないお店もあり、必要な時に衣類が手元にないということになってしまいます。

返却時期の調整ができない場合は、衣類を着る時期を逆算して保管クリーニングに出すようにしてください。

冬服は確実に気温が上がる5月にはクリーニングに出して保管すれば失敗も少なくなりますが、気温によって急に必要になるコートやダウンなどの衣類は、返却期間が調整できるクリーニング店を利用するほうが確実です。

3.保管サービス付き宅配クリーニングおすすめランキング3選

上記の選び方を踏まえた上でおすすめできる保管付きクリーニングをランキング形式で紹介します。

結論から言うと、以下のとおりです。

  • 1位:料金と保管期間のコスパ重視なら 「リナビス」
  • 2位:保管環境もこだわりたいなら「リネット プレミアムクローク」
  • 3位:最安値!保管1枚あたり766円~ 「せんたく便」

以下でそれぞれ解説していきます。

1位:料金と保管期間のコスパ重視なら 「リナビス」

リナビスのおすすめポイント

  • 特殊クリーニングの種類が豊富
  • リピーター特典あり
  • 衣類保管サービスは無料
  • 保管期間最長12カ月

料金と保管期間のコスパが高い宅配クリーニングを選びたいなら「リナビス」がおすすめです。

宅配クリーニングでは保管サービスは別料金になることも多く、預ける枚数が増えればそれだけ保管料がかかりますが、「リナビス」でクリーニングをした後の保管にお金はかかりません。

ただし、クリーニングをせず衣類の保管のみ依頼する場合は、保管料が必要になります。

保管期間と保管料は次の通りです。

コース料金 / 1枚あたり保管期間
衣類クリーニング+保管3点コース4,920円 / 1,640円最長12ヶ月
5点コース8,550円 / 1,710円
10点コース11,700円 / 1,170円
20点コース19,800円 / 990円
保管のみ衣類保管コース(上限20枚)4,500円

衣類20点を見ると、990円と店舗型クリーニングよりも安い値段でクリーニング+保管することができます。

さらに、衣類だけを預かってもらえるサービスは他の店ではあまりありませんが、「衣類保管コース」を使えば、クリーニング対象外のものでもハンガーにかけられる衣類であれば受付をしてもらえます。

長く衣類を預かってほしい、クリーニングに出さない衣類も保管して欲しいという方にはぴったりの保管付き宅配クリーニングです。

リナビス
参考騙されるな!リナビスの悪い評判・利用前の注意点を解説

「リナビスの悪い評判はホント?」「リナビスって正直どうなの?」と疑問を感じる方も少なくありません。 結論から言うと、リナ ...

続きを見る

2位:保管環境もこだわりたいなら「リネット プレミアムクローク」

リネットプレミアムクロークのおすすめポイント

  • 2種類の選べる保管サービス
  • アパレル仕様の保管環境
  • 洋服に合わせた保管方法
  • 保管期間最長8カ月

コスパに加えて保管環境もこだわりたいなら、「リネット プレミアムクローク」がおすすめです。

保管環境はファッションブランドと同じ、温度20℃以下・湿度60%以下を基準として衣類に最適な温度・湿度を維持しているので、自宅保存が難しい衣類も安心預けることができます。

保管サービスは以下の二通りです。

コースサイズ料金 / 1枚あたり保管期間
プレミアムクローク5点7,800円 / 1,560円8ヶ月
10点11,800円 / 1,180円
15点17,600円 / 1,173円
プレミアムクローク[luxe]5点12,800円 / 2,560円
10点20,800円 / 2,080円
15点30,800円 / 2,053円

プレミアムクローク[luxe]は、プレミアムクロークよりもさらに上のサービスが付いています。

2つのサービスの違いを比較してみてください。

プレミアムクロークプレミアムクローク[luxe]
アパレル水準の保管環境
水洗い全品柔らか加工
ドライ全品リファイン加工
ワイシャツ抗菌消臭加工
毛取り/毛玉取り
シミ抜き/汗抜き
ダブルチェック
全品手仕上げ×
撥水/防汚加工×
花粉ガード/静電気防止加工×
防虫剤付き不織布包装×
お届け日変更可能/安心保証×
プレミアムハンガー※有料×

普段あまり着ないコートやフォーマルスーツ、ブランドの服など、長く愛用したいと思う衣類はサービスが充実している「プレミアムクローク【リュクス】」、ブラウスやセーター、スカートなど普段よく着るものは「プレミアムクローク」と、衣類の種類で分けて保管したいという方にもおすすめの宅配クリーニングです。

3位:最安値!保管1枚あたり766円~ 「せんたく便」

せんたく便のおすすめポイント

  • 実店舗を持つ「ヨシハラクリーニング」が運営
  • 丁寧な手作業
  • 保管パックに最大30点
  • プラズマクラスターイオン発生機を設置した専用お部屋で保管
  • 保管期間最長11カ月

せんたく便は、たくさんの衣類をできるだけ安く保管してほしいという方におすすめのサービスです。

せんたく便の保管サービスの特徴は、1口で30点まで保管できるということです。

多くの保管サービスでは、1口で最大10点〜2点程度までしか送ることはできませんが、せんたく便では30点パックという大容量保管コースがあります。

せんたく便の保管パックの料金や保管期間は以下の通りです。

コース料金 / 1枚あたり保管期間
保管5点パック7,980円 / 1,456円最長11ヶ月
保管10点パック10,980円 / 1,098円
保管15点パック13,980円 / 932円
保管20点パック16,980円 / 849円
保管30点パック22,980円 / 766円

保管30パックだと、1枚当たりのクリーニング+保管で766円とかなりお得な料金です。

保管期間は最大11カ月ですが、衣類の預かりは「夏物衣料」と「冬物衣料」でそれぞれ預かり期間と返却期間が決まっています。

冬物衣料は2月1日~8月31日までに受付したものを9月1日~12月31日までに返却、夏物衣料は9月1日~翌年1月31日までに受付したものを3月1日~5月31日までに返却となります。

受付をした日から最大11カ月保管されるというわけではないので、その点は注意してください。

クローゼットの中のものを安く、一気に保管して欲しい方にはおすすめの宅配クリーニングサービスです。

せんたく便
参考せんたく便の評判と口コミを徹底調査!メリット・デメリットを一挙ご紹介

宅配クリーニングのせんたく便が気になるけれど、悪い評判や口コミが気になって利用を迷っているという方も多いのではないでしょ ...

続きを見る

保管付き宅配クリーニング比較一覧

リナビスリネットプレミアムクロークせんたく便
保管環境の特徴衣類に最適な環境アパレル水準の保管倉庫シャープのプラズマクラスターイオン発生機を設置した専用の部屋で保管
3点コース4,920円--
5点コース8,550円7,800円
[luxe]:12,800円
7,980円
10点コース11,700円11,800円
[luxe]:20,800円
10,980円
15点コース-7,800円
[luxe]:12,800円
13,980円
20点コース19,800円17,600円
[luxe]:30,800円
16,980円
30点コース--22,980円
料金(保管のみ)4,500円--
保管期間最長12ヶ月最長8ヶ月最長11ヶ月
返却時期調整可能調整可能冬物衣類:9月1日〜12月31日
夏物衣類:3月1日〜5月31日
受付期間365日対応365日対応冬物衣類:2月1日〜8月31日
夏物衣類:9月1日〜12月31日
リピート割引300円割引-300円割引

何枚保管するかによってかかる料金は変わる

保管サービスは、枚数によって保管料が変わります。

多くのお店では、保管する衣類の枚数が多くなれば1枚当たりの保管料金も安くなります。

預かってもらえる衣類の最大枚数も店によって異なるので、何枚保管してもらいたいか、いつまで預かってもらいたいかも、クリーニングに出す前にきちんと確認をしておきましょう。

そのため、クローゼットの中の衣類(21点以上)を全部保管してほしいのであれば、1度に30枚送ることができる「せんたく便」、コートやダウンなどのかさばる衣類を数点保管したいなら「リネット プレミアムクローク」、出来るだけ長い期間衣類を預かってほしいというときは「リナビス」がおすすめです。

保管付き宅配クリーニング利用の流れ

保管付き宅配クリーニングをどこに出すかを選んだら、あとは申し込みをするだけです。

手元にパソコン、スマホを用意して、必要な項目を入力します。

基本的に申し込みはどこも同じ流れなので、以下で申し込みの手順を確認してみてください。

1.ネットで注文

申し込みをする公式サイトから、申し込みのコースを選びます。

パソコンからでもスマホからでも受付可能です。

まずは名前、住所、連絡先など会員登録をします。

希望のコースやオプションを選択して、集荷キットを送ってもらう手配をしてください。

2.宅配キットに衣類や布団を詰めて集荷依頼

宅配キットが届いたら、その中に衣類や布団を入れます。

衣類や布団を詰めたら、お店が指定する宅配業者に集荷依頼をして荷物を引き取りに来てもらってください。

3.クリーニング

宅配キットがクリーニング工場に到着した衣類を、一点ずつシミや汚れを確認して洗濯します。

オプションを追加で頼んだものも、クリーニングした後に加工が施されきれいな仕上がりの状態で保管となるのです。

4.保管(6ヶ月〜12ヶ月)

クリーニングした衣類や布団は、専用の保管倉庫で保管されます。

温度や湿度がきちんと管理されているので、カビや臭い、衣類の日焼けの心配もありません。

5.自宅へお届け

返却前にもう一度衣類に問題がないかの点検がされ、倉庫から発送されます。

クリーニングした衣類や布団は、しわにならないように丁寧に畳まれ指定した日にちに自宅に届きます。

まとめ

宅配クリーニングの保管サービスを使えば、限られた収納スペースを有効活用することができます。

きちんと管理された専用倉庫で保管されるため、自宅で衣類を保管したときに失敗しがちなカビや臭い、変色などの心配もありません。

コートやダウンなど、高価な衣類はもちろん、クローゼットを有効活用したい方にも保管付き宅配クリーニングはおすすめです。

料金だけでなく、保管期間やどれくらいの枚数が預けられるのかも事前に確認をして、保管付き宅配クリーニングを上手に活用してみてください。

-宅配クリーニング

© 2023 Clean Knowledge [クリーンナレッジ]|おすすめ宅配クリーニング比較ランキング